モンブラン

今、人気メニュー誕生ものがたり(タイトルが長いので省略しています)
という本を読んでいます。
28の料理の発祥や開発秘話が載っていますが、モンブランのページがおもしろかったです。
モンがフランス語で山という意味なのは知っていましたが
モンブランは、なんと白い山だそうです。
茶色いケーキなのにどうしてだろうと思ったら
そのルーツはマロンペーストの真ん中に生クリームを絞ったお菓子だそうです。
私が小さい時に食べたモンブランは黄色いマロンペーストでしたが
最近は栗色のものが多いですね。
黄色いものは、もしかしたらサツマイモを混ぜているのかなーと勝手に想像していたのですが
なんと栗の甘露煮から作られているそうです。
ちょっとびっくりしました。
モンブランは生クリームたっぷりのケーキが苦手な私でも食べやすいのですが
最近は和栗を使ったものが美味しいですね。

モンブラン.png

この記事へのコメント


にほんブログ村